【よく聞くけど国家資格って何なの?】いろいろな国家資格まとめ

【よく聞くけど国家資格って何なの?】いろいろな国家資格まとめ

国家資格とは?

 

文部科学省によると、国家資格とは「国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格」とされています。つまり、国家に定められた試験によって能力が判定された個人が特定の職業に就くことができる証明となるもの、ということですね。

 

取得によるメリット

 

資格を取ることによって知識や技術が一定水準に達していることが国から認められ、有資格者しか就けない仕事などもあるため、職業も保障されます。取得が難しい反面、国家による保証のため社会的な信用度も高いなどのメリットが挙げられます。

 

どんな資格があるの?

 

国家資格にはさまざまな種類があるため、代表的なものをいくつかご紹介します。

 

法律系資格

弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士

 

会計系資格

公認会計士、税理士

 

IT系資格

情報処理技術者、システム監督技術者

 

コンサルタント系資格

中小企業診断士、キャリア・コンサルティング技能士、ファイナンシャル・プランニング技能士

 

電気系資格

電気工事士、電気工事施工管理技士

 

教育関連

幼稚園・小学校・中学校・高校教諭免許、司書

 

その他

公務員(国家公務員総合職・一般職、地方公務員上級・中級、警察官、消防官)

 

まとめ

 

たくさんの種類がありましたね。皆さんの知っている資格はいくつありましたか?弁護士や公認会計士、教職免許など有名な資格が多いですね。有名なものが多い反面、国家資格には難易度の高いものも多く並んでいます。厳しい道のりだと思われますが、皆さんもこれらの国家資格を目指してみてはいかがでしょうか?