【簿記】どっちが難しいの?商業簿記と工業簿記の違い

【簿記】どっちが難しいの?商業簿記と工業簿記の違い

前回こちらの記事で日商簿記試験について紹介しました。試験内容には商業簿記工業簿記という言葉が出てきましたが、二つの違いは何なのでしょうか。今回はその商業簿記工業簿記の違いに詳しく触れていきたいと思います。

商業簿記

商業簿記は日商簿記試験でいうと3級・4級の内容です。商業簿記とは商的企業の資産、負債、資本の増減などを把握して、それによって帳簿記録を行うことです。扱う帳簿には主に貸借対照表や損益計算票などがあります。これらはいずれも勘定形式のもので、これによって決算書を作ることができます。

商業簿記は比較的シンプルです。なぜなら商業簿記が必要とされる商的企業、つまり一般の会社や個人商店は既に完成された商品の仕入れをし、それを販売するからです。商業簿記ではその仕入れ活動販売活動を記録することで商的企業の活動内容や企業組織の実態を把握することができるのです。

工業簿記

工業簿記は主に製造業、つまり工場などに適用されます。製造業ではまず材料を仕入れ商品の製造をし、できあがった製品を販売します。商業簿記が扱うのは仕入れたものをそのまま売るだけの営業活動ですから、工業簿記は商業簿記よりも複雑であることがわかります。

業務内容としては商業簿記にある勘定形式の帳簿記録に加えて、製造原価報告書(財務諸表)の作成があります。つまり、製品の原価を計算するのです。一つの製品を作るのにどれだけの金額がかかったかを材料費、人件費など全ての出費を反映して割り出します。

工業簿記とは製品の製造活動に関する記録を行うことなのです。先ほども触れたように企業の営業活動に加え、経営活動までしっかりと管理をすることができます。生産活動の原価計算には材料費、労務費、経費などを製品別に集計するため、高い能力が必要となります。日商簿記試験で言いますと、2級以上の内容です。

簿記まとめ

以上が商業簿記と工業簿記の違いです。基本が商業簿記であり、それを発展させたのが工業簿記ということになります。結論で言えば工業簿記のほうが難しいということになりますね。

簿記にはその他にも銀行簿記、官庁簿記、そして農業簿記という種類があります。様々な種類がありますが、簿記ができれば企業の経理や会計担当者として採用されることも多いですし、なにより自社や取引先の経営状態を把握することができます。合格するのは簡単ではありませんが実用的でどこでも必要とされる資格なのです。

簿記って何?という方はこちらの記事もお読みください。

【よく聞くけど、簿記ってどんな資格なの?】