行政書士の業務内容

行政書士の業務内容

士業の一つである行政書士。主な業務は書類作成の代理と相談といわれています。では具体的には一体どういった書類の手続きを行う仕事なのでしょうか。今回は行政書士に依頼される仕事を具体的にわかりやすく、例も交えてまとめていきます。

官公署への書類提出と行政書士

一般に一万種類以上あると言われている許可・認可(許認可)に関する書類は各官公署に提出しなければなりません。官公署とは各省庁、都道府県庁、市・区役所(町・村役場)、そして警察署などの総称です。社会生活の中で必要となってくるこういった官公署への書類の提出を助けるのが行政書士の仕事です。

行政書士官公署への提出書類の作成や、それに関しての相談、そして実際の手続きの代理などを行うことができます。また許認可に対する聴聞、弁明の機械の付与やその他の意見陳述がある場合の手続きも行います。こうした官公署に対する行動を代理することで、個人や法人の事務の迅速化に貢献しているのです。

行政書士と許認可に関する書類提出

では官公署に対する許認可の書類提出が求められるのは一体どういった場合なのでしょうか。今回は一個人が飲食店を開業したい場合を例にとってみましょう。

まず、飲食店の営業をする際には、基本的に事前に保健所飲食店営業許可を申請する必要があります。自治体によって判断基準が違いますが、扱う食べ物や飲み物によっても取得すべき許可が変わってきます。深夜営業を行いたければ深夜酒類提供営業許可警察署へ届け出なければなりませんし、この飲食店が初めての事業である場合、税務署への届出も必要になってきます。

飲食店開業の準備で忙しい時にこういった書類を個人で間違いなく提出するには、大変な労力が問われます。そこで登場するのが行政書士です。行政書士はすべての書類業務を代理で行ってくれます。行政書士は書類提出のプロフェッショナルですから、書類作成の代理を依頼することで、個人で取り組むよりも効率よく、また問題や漏れがないように必要書類を提出することができるのです。

こういった官公署に対する書類提出は自動車登録や、車庫証明の際にも必要になってきます。実は弁護士に依頼することもできますが依頼額がとても高いので、安価で依頼できる行政書士が人気だということです。

【次の記事】「権利義務に関する書類」と「事実証明に関する書類」作成の際の行政書士の役割