役員って何?株式会社の最小単位【起業】【税理士】【会計士】

役員って何?株式会社の最小単位【起業】【税理士】【会計士】

株式会社の役員という立場、いったい何をしているのか気になりませんか?実はよく社長と兼任される代表取締役も役員の一人。立派な人がなる、お金持ちになれる仕事だというイメージの役員についてちょっと覗いてみましょう。

取締役

会社の方針や業務に関する支持を行うのが取締役。複数人いることも多いのですが、代表者が代表取締役となります。必要な人材が確保できるまでは業務を自ら率先して行います。

監査役

監査役は会社経営が適性に行われているか、不正が無いかを随時チェックをする役員です。業務監査会計監査の両方からチェックします。もし不正があれば阻止、そして更正する権利を持ちます。

会計参与

会計参与には税理士、または税理士法人公認会計士、または監査法人しかなることができません。会社の役員として会社の損益計算書や貸借対照表を作成します。

役員についてもっと詳しく

取締役監査役会計参与それぞれに重要な役割がありますが、今現在の会社法では一人で起業ができるため代表取締役のみでの起業も珍しくありません。監査役や会計参与は会社がある程度大きくなってから設置するのでも全く問題はありません。

役員は会社の中で非常に大きな役割を持ちますが、その分負わなければならない責任も大きいです。会社が問題を起こした場合、自信に全く問題が無くても責任を負い謝罪をするのが役員です。

代表取締役と社長の違い

代表取締役社長という言葉をよく聞きますが、これはひとりの人物が役員である代表取締役社員の頂点である社長業を兼任する場合の名称です。つまり取締役と社長は全く別の役職なのです。役員である取締役は会社の機関であり、雇われている社員とは全く別の立場になります。社長とはその会社の社員としての最高のポジションを指します。

 

【関連記事】

起業に関する各企業の役割:税理士社労士司法書士行政書士

スタートアップ、ベンチャー、そして中小企業の違いとは?

スタートアップに不可欠な要素

起業家の街としての渋谷

渋谷を日本のシリコンバレーに