【働きながら資格習得】勉強のモチベーション維持方法

【働きながら資格習得】勉強のモチベーション維持方法

働きながら資格習得の勉強を始めようと思っている皆さん、あなたのモチベーションはなんですか?その資格勉強は学生時代からずっと続けているものかもしれません。もしかしたら専業主婦でパートのお仕事をしている方が、本格的な職場復帰のために取り組んでいるのかもしれません。中には今の会社を辞めたくて辞めたくて勉強に励む人もいるようです。

資格習得を目指す理由には人それぞれ様々なものがありますが、大変なのがそのモチベーションの維持。今回の記事では働きながら資格試験に合格し、見事職場や就職活動でのステップアップを成し遂げた人がどのようにモチベーションを維持して勉強に取り組んだかをまとめています。

1.未来の自分を想像する

働きながら資格習得のための勉強に励んでいる人の多くは現状の自分に満足していません。そんな人にとって一番のモチベーション維持の方法がずばり「未来の自分を想像すること」です。

未来の自分は会社の中でも一目置かれる存在になり、資格手当ももらえるようになる。たとえ会社でうまくいかなくても、すぐに転職独立ができる。そう思うとモチベーションが上がってきませんか?資格を習得することでわかりやすい形で自分自身の価値を周りに示すことができるようになります。士業の資格なら周りから「先生」と呼ばれるようになります。勉強に疲れたら未来の自分を想像して頑張りましょう。

2.周りから応援してもらう

働きながら資格受験をするには周りからの協力は不可欠です。特に家族には積極的に応援してもらうようにしましょう。職場で資格受験のことを口に出しにくい状況であるならなおさら、自分の一番近くにいる人間が理解者であるという安心感の中で勉強に集中して取り組むことができます。

3.目標を目の見えるところに貼る

毎日勉強を欠かさずモチベーションを維持して試験に取り組むために、目の見える場所に目標を書いた紙を貼る人はとても多いです。一見原始的な方法のように聞こえますが、毎日無意識にでもその文字を追うことで脳がそれをインプットしてくれます。目標を書いた貼り紙は冷蔵庫、トイレや机の上などにあると効果的です。

4.自分に投資をする

働きながら限られた時間で資格を習得したいと考えるならばそのためにお金を惜しんではいけません。専門学校の通信教育や、最新の参考書をそろえるなどできることは何でもしましょう。効率が良くなりますし、これだけお金をかけたのだから頑張らなくてはいけないとますます身が引き締まります。結果、モチベーション維持に繋がるのです。

5.勉強に疲れたら楽をする

これはもちろん一日をだらだらと過ごすという意味ではありません。難しい問題ばかりで気が弱くなっているときはあえて自分が簡単に解ける問題に取り組みましょうということです。すらすら問題を解く気持ちよさ自信につながりますし、他の今は苦手な分野も勉強を続ければこんな風に解けるようになるんだと思えば下がり切ったモチベーションもまた復活してきます。

 

関連記事

【働きながら資格習得】成功する人の勉強方法4選

【働きながら資格習得】勉強の習慣化が合否を決める?!