【働きながら資格習得】成功する人の勉強方法4選

【働きながら資格習得】成功する人の勉強方法4選

今回の記事では働きながら資格習得を達成した、成功者たちの勉強方法を紹介していきます。しかし勉強方法は人それぞれですのであくまで参考程度に見てくださいね!

1.効率を最重視する

仕事をしながら資格を習得した人は勉強をする際にあまりノートを作りません。ノートに大事なことを書き込むという行動はあくまで作業であり、そんなことをしなくても必要なことは全て参考書にきれいにまとまっているからです。

作業を続ければ勉強した気になってしまうのですが、大切なのは知識を習得してそれで問題を解けるようになること。成功者は隙間時間を使って効率的に知識を習得し、問題を解いた後できなかったものの復習に時間を使います。

短時間でも集中できるようになることが、働きながら資格を習得するコツです。また専門学校のカリキュラムも絶対に逆らわないようにします。成功者はそれが考え抜かれて作られたものだということを知っているからです。わざわざ自己流の勉強方法を考えて迷いながら勉強するのは非常に無駄が多いのです。

2.得意分野を作る

得意な分野を作ることで楽しく勉強を続けることができます。やる気がなくなったときはすぐにその分野に戻って問題を解くことで、問題を解けるという楽しみを思い出すことができます。そして、勉強は得意分野をだんだん増やしていくという姿勢で取り組みます。試験当日までにはすべての分野が得意だと思える状態にできれば最高です。根拠のある自信は自分の持っている力を存分に発揮するのを助けてくれます。

3.テキストはやり抜く

一つの試験のためにたくさんの参考書が出回っています。一つ選んだなら終わらす前に他に目移りするのはやめて最後までそのテキストをやり抜きましょう。しかし、試験当日までには複数のテキストを終わらしておくことをお勧めします。市販のテキストには分野の比重にむらがある場合があるからです。おすすめは軽めのものを最初に終わらして試験の概要をつかんでから、難しく分厚い参考書に取り掛かること。試験勉強にはじめからがっつり取り組んでしまうと早い段階で挫折してしまうことがあります。

4.インプットとアウトプットのバランスを取る

知識を習得し覚えるのがインプット、それを使って問題を解くのがアウトプットです。自分の興味のある分野以外のインプットは少し重くてつらいもの。暗記しなければならないものも多いですがしっかりと時間をかけましょう。

インプットをしっかりとしていなければ取り組めないのがアウトプットですが、一度問題を解けるようになると楽しくなってくるものでもあります。インプットはアウトプットに成功した時の喜びをイメージしながら乗り越えてください。できる分野の問題ばかりを解いたり、知識が不十分な状態で新しい問題に向かうことはないようにしてください。

 

参考記事

【働きながら資格習得】効果的なモチベーションの維持方法5選

【働きながら資格習得】勉強の習慣化が合否を決める?!

HUPRO MAGAZINE でもっとコラムを読む