職場環境の維持改善!社労士の知られざる仕事内容

職場環境の維持改善!社労士の知られざる仕事内容

社労士とは

一般に言われる社労士とは実は社会保険労務士の略称。労務士と呼ばれることもあります。国家資格者である社労士は「人事・労務」の専門家であり、企業の経営者と労働者を法律に基づいてサポートする立場にあります。

社労士の仕事内容

社労士の仕事は一般的に企業と契約して発生します。企業の経営者の人事労務に関する手続きを代行したり、経営者の労働相談に応じます。労働社会保険諸法令に基づいて経営者・労働者両方にとって最善の社内環境づくりを目指すのです。

また一般的な労働トラブルによる訴訟を避けるために、経営者に厚生労働省が定めたガイドラインに則ったアドバイスも行います。社労士の中にはメンタルヘルスに関する資格取得者やファイナンシャルプランナーとして活躍している人も多く、例えば労働者をうつ病などの精神病から守るため、企業の労働環境改善のためのコンサルティングも行うこともあります。

企業内で起こるあらゆる問題に対処し解決する役目を持っている社労士。その仕事を内容を少し細かく分けてみましょう。

書類の作成・提出代行

労働社会保険諸法令に基づく書類の作成やその書類の提出の代行は、社労士のもっとも一般的な業務の一つです。提出する書類には、健康保険、雇用保険、労災保険に関するものなどがあり、その加入や脱退に加え、給与手続きや助成金などの仕事も請け負います。

帳簿書類の作成

社労士が作成する帳簿には労働者名簿や賃金台帳の作成などがあります。また就業規則や各種労使協会の作成なども行います。

人事や労務に関するコンサルティング

企業の経営者に対して人事配置、企業内の教育、または資金調整などのコンサルティングを行います。

 

このように一般に社労士と呼ばれる社会保険労務士の仕事は会社の経営にとっては欠かせないものなのです。

普段はあまりなじみのない社労士事務所ですが、将来起業をしたい学生にとっては最高のアルバイト先かもしれません。簡単な【無料登録】ヒュープロがあなたに合った最高の事務所をご紹介いたします。

HUPRO MAGAZINE でもっとコラムを読む