新進気鋭の若手弁護士に直撃インタビュー‼︎

新進気鋭の若手弁護士に直撃インタビュー‼︎

今回は、現役の若手弁護士先生の貴重なインタビューです。

四大法律事務所出身の坂尾先生が設立した超イケイケ事務所「アイシア法律事務所」

小林 嵩(しゅう)先生にインタビューさせていただきました。

弁護士に興味がある方、資格受験生、それ以外の方もぜひご覧ください!

 

〜プロフィール〜

 

若手弁護士 小林 嵩 (Shuu Kobayashi)

 

<経歴>

東京都品川区生まれ

2011年 中央大学法学部卒業

2013年 青山学院大学法科大学院修了(給付奨学生)

2014年 都内法律事務所所属

2016年 アイシア法律事務所設立

 

<学生時代>

学生時代は、図書館の本を棚の端から端まで読むほどの“本の虫”で成績優秀。そのおかげか、現在でも速読が得意で、資料の要点を掴むのも誰よりも早い。幼いころから、ご両親の影響もあり、自分のスキルで生きていく専門職に憧れていた。人の人生に深く関わることができる仕事だからという理由で弁護士を志す。

 

中央大学に入学後、「自分の知らない世界に飛び込んでみることが大事」という考えに基づき、学生団体サークル活動を通して、政策立案コンテストの運営ビジネスコンテストにも参加。

その後、1年生の終わりごろに司法試験の受験を決意し受験勉強が始まる。

伊藤塾の授業をインターネットで受講し、自由なスタイルで勉強した。

3年生になる頃には既に弁護士になることを決めていたものの、自らの知見をさらに深めるべく就職活動も経験した。その上で、より一層弁護士への想いを強め、法科大学院へ。

 

中央大学法学部を卒業後、親に甘えずに自立するべきだと考え、25倍の倍率を制し、青山学院大学法科大学院に給付奨学生として一発合格。

給付奨学生とは大学から返済義務のない給付金を受けられる制度のことで、給付を受けられる学生は数少ない。

横のつながりが強く、教授陣とも近い関係にある、少人数制のロースクールだからこその環境を楽しみながら修了し、持ち前の頭脳で司法試験に一発合格した。

 

<合格後>

弁護士になってからは、様々な種類の案件に携わりたいと考えたため、弁護士歴50年のベテラン弁護士のもとで働き、2年間で様々な案件に関わった。

その後、現在のアイシア法律事務所代表の坂尾弁護士に興味を持ち、「No.1弁護士事務所」を目指してアイシア法律事務所に参画。

 

 <趣味・特技>

ピアノ・囲碁・お酒を飲むこと。

 

 

小林先生のことがわかってきたところでそろそろ本題の質問コーナーに入ります!

 

 

〜インタビュー〜

 

Q. どんな仕事をしているのですか?

都内の法律事務所に勤務していた時は、一般民事・家事事件・刑事事件・企業法務・会社訴訟等を幅広く取り扱いました。

アイシア法律事務所では男女問題企業法務・相続など、個人では中小企業間の紛争・不動産・雇用・消費者・交通事故・相続・使用者責任に関するトラブルの案件も持っています。

個人の案件は以前の事務所にいたときから引き続き担当させていただいているものもありますね。

不動産・相続案件には特に注力し、借地借家を巡る紛争や不動産の分割・売却等の不動産を巡るトラブル全般には実績があります。

 

Q. 仕事をしていて気を付けていることはありますか?

目の前のお客さまに信頼していただくことです。

ご相談に来られる方の多くは、弁護士と面談するということに、敷居の高さを感じていらっしゃり、物凄く緊張してお越しになります。まずは、その緊張を解いてもらわなければいけません。

ですから、私の場合は、相談室に入るときから、笑顔でいることを心掛け、お話し中も、柔らかな対応を心がけています。

私の場合、少しコワモテで体格が良いので、圧迫感を出さないように少しラフな感じに座ること、それから、これは尊敬している弁護士の先生から学んだのですが、お客さまのお話しをじっくりと聞くこと、お客さまの気持ちをきちんと受け止めること、笑顔を絶やさないことをモットーにしています。

あとは、難しい法律用語を使わないように、意識することですね。

ただし、ご相談に来られる方にも色々な方がいらっしゃるので、その人に合った佇まいや言葉の選び方を心がけています。ビジネスライクな方には法的な問題点を指摘して法律用語を解説したり、弁護士に依頼することのメリット・デメリットを説明したりする必要もありますね。

それから、幸いたくさんのお客さまからお仕事をいただいているのですが、全てをこなしていくには業務量に押しつぶされないように、やり方を工夫する必要があります。

私の場合は、それぞれの案件について、解決に至るまでのスケジューリング・全体像を描いた上で、次にやらなければいけない仕事をリストアップしています。

そして、リストアップした仕事のうち、緊急性の高いものから、中でもボリューム的に小さい仕事から、順番にこなしていくようにしています。

最後に、何より大切にしていることは、一つ一つの仕事を全力でこなしていくことです。

目の前の仕事を完璧に、全力でこなしていくことこそがお客様への信頼につながり、事務所の未来を創っていくのではないか考えています。

 

Q. 弁護士をしていて良かったと感じる瞬間はどのようなときですか?

一番は、事件を解決して、お客さまに感謝していただけたときです。

仕事の性質上、時には非常に悔しい思いをするときもあります。

しかし、弁護士の仕事はお客さまの人生に踏み込んでいくものであり、成功した時には、想像していたより何倍も、感謝してもらえるものです。その瞬間に、言葉では言い表せないようなやりがいを感じますね。

思い出深い事件はいくつもありますが、その一つをご紹介します。

この案件は、老後の生活資金を、親族の方に取り上げられてしまったという事案です。

依頼者の方は、お歳を召しており、ご体調も優れない中、「この件を解決できないと、死んでも死にきれない。」と言って、とにかくスピーディーな問題解決を求めていました。客観的には、分の悪い戦いであり、見通しのつかない事件だったとは思いますが、こうしたら良い形で解決できるのではないかという、事件の読みがうまくはまり、最終的には、スピーディに解決して、十分な成果を上げることができました。

解決後に、依頼者の方が、「もう思い残すことはない。取り返したお金で余生を楽しむことができる。本当にありがとう。」と言ってくれて、その瞬間は、本当に、弁護士として一生懸命頑張って良かったと思いましたね。

 

Q. アイシア法律事務所はどんな事務所ですか?

代表の坂尾弁護士は非常に優秀で、発想力のある人間です。

弁護士やスタッフが、働いていて楽しい事務所にしたいと考え、日々新しいアイディアを生み出し、実行に移しています。その意味で、機動力もありますね。

また、非常に風通しのいい事務所であり、自分の意見をはっきり言える職場です。だからこそ、自主独立の精神のもと、責任を持って一人一人が案件を担当し、解決へと導くことができるのだと思います。

ちなみに、2017年の1月から、新卒の弁護士が1名入所しましたが、連絡を密に取りながら、積極的に案件を担当してもらっています。積極性を尊重しながら、新人を育てていく風土がある事務所でもあります。

 

Q. これからの目標を教えてください。

事務所としては、「20年後に1000人の弁護士が在籍するNo.1の弁護士事務所」を目指しています。

それには、弁護士としての職業倫理を遵守し、プロとしての責任をもって業務を遂行してくれる仲間たちが必要です。そうした仲間たちが集うことにより、事務所として提供するサービスの品質を高めていき、お客さまにご信頼いただける事務所となることが、今後のミッションです。

 

個人としての目標は、「一人でも多くのお客さまにご信頼いただくこと」です。

10年、20年経ったとき、お客さまがご自身の人生を振り返って、「あのとき、小林という弁護士に出会えて良かったな。」と思ってもらえるような仕事ができたら、心から嬉しいです。

そのためには、日々全力で目の前の仕事をこなしていくこと人格と弁護技術を磨いていくことが必要不可欠だと思います。自主独立の精神のもと、弁護士としての誇りと責任感をもって仕事に取り組んでいきます。

 

 

Q. 受験生にメッセージをお願いします。

受験勉強は孤独です。また、孤独であるべきです。

その孤独に耐えることで人格的にも成長します。責任を持って目の前の課題に取り組み、自らの判断を洗練することができます。

弁護士は、依頼者の人生に深くかかわり、とても感謝される仕事です。

辛いことも多いですが、そのような時に、受験時代の苦労が、役に立ったなと感じることもあります。今はすごく孤独で、辛いかもしれませんが、自分の道を信じて、最後まで頑張ってください!

 

 

〜最後に〜

いかがでしたか?

活躍される若手弁護士の生の声が伺えて、弁護士としてのやりがいと苦労、誇り高く働く姿がイメージできたかと思います。

 

アイシア法律事務所では、事務所内インターン生の募集もしています。

将来のNo.1法律事務所で働いてみたい方はぜひ一度以下のページをご覧ください!

 

アイシア法律事務所採用情報はこちら!