【どうして弁護士に依頼するの?】弁護士の業務とは

【どうして弁護士に依頼するの?】弁護士の業務とは

はじめに

弁護士に法律関係の依頼をした経験のある方はどれだけいるのでしょうか?このページに来る方はそういった経験がない方だと思われます。非常に固いイメージがある弁護士ですが、どんな仕事をしているのかわからなかったりしませんか?法律ってなんか難しそう、、、と多くの人が思うでしょ。、確かに法律業務の中にはいろんな種類があり、確かにわかりづらいところもあると思います。今回はそんな弁護士について解説します。

 

弁護士の定義

当事者その他関係人の依頼または官公署の委嘱により,訴訟事件などやその他一般の法律事務を行うことを職務とする者 (弁護士法3) 。弁護士でない者がこのような法律事務を取扱うことは禁止されている (72,77条) 。

(出典:ブリタニカ国際大百科事典)

 

当事者その他の関係人の依頼または官公署の委嘱によって、訴訟に関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とする者。一定の資格を持ち、日本弁護士連合会に備えた弁護士名簿に登録されなければならない。

(出典:デジタル大辞泉)

 

二つの定義を採り上げてみました。難しく書かれていますが、これらの定義によると日本弁護士連合会(日弁連)に登録され、他者の依頼を受け訴訟やその他一般的な法律業務を扱う人のことを指しています。簡単に言えば知識のない一般人の代わりに法律業務を遂行するといった感じですね。

 

行政書士・司法書士との違い

行政書士役所に提出する書類を作成するのが主な業務で、訴訟の代理人になることはできません司法書士不動産登記の書類作成少額の訴訟の代理人になることができます。弁護士書類作成も訴訟の代理人にもなれることができるため、行政書士・司法書士の上に立つ存在です。ここでは簡単に説明しましたが、厳密にいえばほかにもいろいろな仕事がありますが、主にはこれらの業務が挙げられます。

 

弁護士に依頼するメリット・デメリット

本来訴訟などは弁護士に頼らなくても可能ではありますが、弁護士に依頼すると業務に慣れているため仕事が早い自分と相手以外の第三者の意見が聞ける法的手段にのっとった方法で主張できる相手方と会わなくてよいなど、弁護士に依頼するメリットはたくさんあります。

逆にデメリットとしては弁護士費用が高いことが挙げられます。着手金だけで何十万も取られることもあります。費用は弁護士事務所、依頼内容によって変わりますが、おおむね20~40万円ほどとなっています。着手金は基本的に戻ってこず、依頼が達成されていなくても返金はされません。そのため弁護士に依頼する、ということは多くの人にとって非常に大きなことだと思われます。

 

弁護士の専門分野

弁護士の業務には専門分野は特に設けてはいませんが、それぞれの弁護士の担当経験の豊富さで得意分野が生まれてきます。そのため、「~~に強い弁護士」など専門的な弁護士がいることもあります。厳密にいえば専門分野で分けられているわけではないため正しくはないのですが、依頼したい分野(相続、離婚など)でそれを得意分野としている弁護士がいればラッキーです。経験豊富なため、手間のかかる依頼でも達成してくれるでしょう。

 

まとめ

弁護士について理解は深まりましたか?弁護士は私たちがよく知らない法律関係の業務を幅広く取り扱っています。法律業務を委託される際はお金はかかりますが法律のプロである弁護士に依頼したほうが賢明であると思われます。そもそも、弁護士に頼る際は何かしらに困っているということなのでそうはならないようにしたいですね!