【弁護士】なぜ今稼げないと言われているの?

【弁護士】なぜ今稼げないと言われているの?

国家資格の最難関と言われる士業、弁護士。弁護士は法的権利のアドバイザーであり、自由と正義の実現を目指して国民の人権擁護を行っているとにかくかっこいい仕事!そしてなんと年収は毎年国内最高峰だと発表されています!厳しい試験を突破した先生方は夢のようなお金持ちライフを送っているはず°˖✧

しかし近年、弁護士業界に驚くべき「稼げない、仕事がない」という言葉が聞かれるようになってきました。超エリートな人生の成功者であるはずの彼らが稼げない?!一体どういうことなのでしょうか。

一般的な弁護士のキャリアの積み方

厳しい司法試験を突破し研修を終えいざ弁護士となった若手弁護士は一般的にはまず既成の法律事務所に就職します。就職先で新米弁護士として雑務をこなしながら修行をするのです。法律事務所では多くの場合クライアントとの契約金に加えて給料も支給されます。

業務内容は非常に多く厳しいものではありますが、大手の法律事務所に就職できればお金の心配はないように思われます。そうして法律事務所に所属した若手弁護士の多くは数年で独立をします。新米弁護士時代に次につながるお客との信頼関係を得ることで、独立開業をして個人事務所を開いたとしてもうまくやっていけるようになるのです。

経験不足の若手がすぐに独立しなければならない現状

しかし近年では司法修習を終えた若手弁護士にとって就職先を見つけるのがとても厳しくなっているという現実が見えてきました。法律事務所に就職できなかった弁護士は仕事の依頼が来るあてもなく弁護士としてどのように仕事を得ていくのかのノウハウもわからないまま、すぐに独立するしかないのです。

独立した弁護士は自営業と同じですから資本金がなく、自宅をオフィスとして開業することも少なくありません。しかし、自宅にいきなり○○法律事務所と看板を掲げたところで誰が突然仕事を依頼しに来るでしょうか。大手の法律事務所はお金がありますからテレビのコマーシャルや新聞掲載などばんばん広告を打ってきます。多くの人は弁護士が必要になったとき、そちらに依頼してしまうでしょう。

いきなり個人事務所を開いて成功できれば良いのですが、弁護士には失敗も許されません。弁護士は一度破産してしまうと国家資格を失ってしまうからです。本来仕事に困ることのなかった弁護士が破産してしまうような状況になるとは国も予想していなかったのでしょう。「弁護士が破産するなんてありえない」といった声が聞こえてきそうですが、大抵の若手は親がよっぽど金持ちでない限り、予備校や法科大学院時代にお金を使い果たしてしまっています。また多くの人が借りた奨学金の返済に追われているという状況にあります。新米弁護士はコネもお金も事務所も何もかもないまま、必死に駆けずり回って仕事を集めてくるしかないのです。

なぜ法律事務所への就職が難しくなっているのか

そもそもなぜ、司法修習を終えたばかりの弁護士の法律事務所への就職が困難なのでしょう。それは弁護士の数が多過ぎるからです。それには二つの理由があります。毎年新しく弁護士になる人数と比べて、弁護士を辞める人数が圧倒的に少ないという事実があります。

辞める人がいないというのは至極単純な理由です。士業には定年がありませんから年をとっても働きたいだけ働き続けることができるのです。さらに肉体労働でもないですから、体への負担が少なくむしろ年を取ったからと言ってやめる理由がないのです。毎年新しい弁護士の募集を行う法律事務所のほうが少ないといわれています。

また近年行われた司法試験制度の改正により毎年の弁護士登録者数が跳ね上がりました。国民がもっと士業を身近に簡単に利用できるように生み出された法律ですが、若手弁護士にとってはただ競争者が増えるという非常に厳しい状況が生み出されました。

【次の記事:弁護士の厳しい就職難を生き残るには】