【弁護士】厳しい就職難を生き残るには

【弁護士】厳しい就職難を生き残るには

【前回の記事:今弁護士が稼げない?】

この厳しい就職状況の中で、若手弁護士が生き延びる術はあるのでしょうか。ここでは弁護士事務所に就職できなかった若手にとって残る可能性を述べていきます。

法律事務所に登録だけする

法律事務所に就職はできない若手が法律事務所に弁護士として登録してもらうという例があります。つまり給与はもらわず事務所賃料などを少し払って、事務所所属の弁護士と同じように活動させてもらうのです。独立している弁護士という扱いなので、給与は完全自己報酬制です。

地方で開業する

日本の地方にはまだ弁護士があまりいない地域があります。そうした地方の人々は弁護士に依頼する案件があるときには近くの大きな町まで出なければなりませんでした。その町の弁護士も大忙しでいつでも対応できる状態にあるとは限りません。

大手の手が伸びておらず住民からの需要もある地方での開業が、いま若手弁護士にとって最も現実的な選択肢の一つだといわれています。

ビジネスパーソンになる

今や弁護士という肩書だけでは人が集まらないという事実。そんな中成功している若手はビジネスパーソンとしての実力でのし上がっているようです。彼らは積極的にマーケティングを学び、営業に力を注ぎます。また一度集まった顧客を逃さず、さらに口コミなどで人を集めるためにサービスの徹底した質の高さにこだわります。こうして営業力で集めた依頼者からの信用を集め、人脈を育んでいくのです。

 

弁護士とは出費のかさむ職業です。弁護士会費は非常に高く、他の弁護士との交際費なども馬鹿になりません。一つ一つの依頼に対する報酬は高額ですが、依頼は解決するまで報酬が出る約束もありません。

弁護士として独立するには非常にお金がかかります。事務所賃料などは勿論、電気代、電話代など事務所を持つだけで出費があるのです。さらに事業が少し拡大すれば事務員やアルバイトスタッフへの給与も払わなくてはなりません。

しかし、いくら競争率が激化し「稼げない、仕事がない」職業だと叫ばれても、弁護士社会は社会にとって欠かせない存在です。ヒュープロは司法試験に挑戦される皆様、司法修習中の皆さま、そして既に弁護士として活躍されている皆様を心から応援しています

関連記事

【弁護士資格習得までの流れ】

HUPRO MAGAZINE でもっとコラムを読む