スタートアップ、ベンチャー、そして中小企業の違いとは?

スタートアップ、ベンチャー、そして中小企業の違いとは?

少しでも起業に興味がある人の間ではよく話に出てくる「スタートアップ」や「ベンチャー企業」という言葉。若い起業家が頑張っているというイメージがありますが、実際にどういった意味なのかいまいち説明できません。そこで今回の記事では気になるスタートアップベンチャーの違いをヒュープロスタッフが簡単にまとめてみました!

スタートアップとは

スタートアップとは新しく開発された製品やサービス市場を開拓していくことを目的とした小さな企業、または団体です。全く新しいビジネスモデルによって人々の生活や社会の常識を変えることを目指し、短期間で急成長できるものだけがそう呼ばれます。数年内に株の上場や(IPO)バイアウト(買収されること)を達成するため、利益追求より開発重視で行われます。GoogleやFacebookももともとは小さなスタートアップです。

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは成長過程にある中小企業です。新しい技術や高度な知識をもとに大きな企業では実践しにくい実験的なビジネスを展開します。ちなみにベンチャーとはもともと投資する側を指す言葉で、投資を受けて資金にするベンチャー企業というのは実は和製英語です。

中小企業

いくら新しく少人数で起業家が若くても、上記に当てはまらない企業はスモールビジネス(中小企業)です。規模が小さく既存のビジネスモデルに従って動いています。

 

いかがでしたか?よく聞くけど詳しくは知らないスタートアップベンチャー企業。この記事によってざっくりとした意味が伝われば幸いです。