起業家イベントTERACOYA開催

起業家イベントTERACOYA開催

先日渋谷にて株式会社ウェイビー主催の起業家イベント「TERACOYA」が開催されました。累計入場者1000人以上、日本最大級の同イベントのコンセプトは「“起業の今”を体感してもらい“ワクワク”して帰ってもらうこと。」取材に向かったヒュープロスタッフがイベント当日の様子とその感想をまとめてみます。

起業家のためのセミナー

TERACOYAの主なプログラムのひとつに「基調講演・パネルディスカッション」があります。講演は主に駆け出しの起業家、またはこれから起業しようと思っている人を対象に行われており、スピーカーや講演内容共にとても豪華なものでした。講演やパネルディスカッションは二つのホールにて同時進行で行われていて、全12講演の中から自分の興味のあるものを選んで参加するというスタイル。講演時間内はホールへの立ち入りが一切禁止なので、人気のある講演には30分ほど前から列ができるほどの盛況ぶりで、私も気になっていた講演をいくつか逃してしまいました。

TERACOYAの趣旨は可能性のある人に「起業する勇気を持ってもらいたい」「起業をもっと身近に感じてほしい」さらに「日本を起業大国にしたい」というもの。「基調講演・パネルディスカッション」もまさに今から起業に臨もうという若者の背中を力強く押すような内容でした。起業をするということは決して簡単なことではありません。でも決して不可能なことでもないのです。

起業をするために

TERACOYAでは「基調講演・パネルディスカッション」の他に各スポンサーがブースを出し起業を目指す人を応援する「楽市楽座」も開かれていました。ヒュープロスタッフが聞き込みに回ったところ、起業家をコンサルタントとして支援をされている士業関係の方々や、新たなマッチングサービスを提供する企業さま、そして今流行りのシェアオフィスの案内など実に様々なスポンサーの方々がブースを開き、起業を目指す人の相談に乗っていました。

実際に「楽市楽座」を訪れていた学生からは、「起業を目指してはいるが実際今何をしていいのかわからない。」そして「いざ起業した際にどういった士業関係の手続きをすれば良いのか不安だ」という声も聞かれました。そういった学生にとってTERACOYAの「楽市楽座」は、起業に関する悩みを相談できる貴重な場であったに違いありません。

士業事務所の方々も指摘されていましたが、起業志望者が会社経営に関係する各士業の役割を把握していないで、いざ起業した後に苦労するといったことが多くあります。起業をすれば、例えば計理では税理士、人を雇えば社会保険労務士、法律違反を避けるためには弁護士などを頼らなければならなくなるでしょう。こうした士業についての認識を深めるためには一体どうすればいいのでしょうか。

ヒュープロではこうした意識の高い学生を中心に士業のアルバイト先を紹介するというマッチングサービスを行っています。起業する前にお金を貯めながら士業についても勉強したいという学生は、まずヒュープロに無料登録して士業のアルバイト先を探してみませんか?